「dTVの評判や口コミって良いのかな?」

「dTVって他の動画配信と比べて何が違うのかな?」

2021年現在、多数の動画配信サービスがあるので、どれを利用していいか迷ってしまいますよね。

この記事では動画配信サービス愛用者の筆者が、実際に加入しているdTVについて詳しく解説していきます。

dTVのメリットやデメリットはもちろん、料金プランやおすすめ作品を紹介していきますので、加入に迷っている方は是非参考にして下さい。

dTVの公式サイトはこちら⇨

dTVに関するユーザーの評判・口コミを徹底解説!

実際のユーザーの声は、サービスに加入するかどうかの良い判断材料になります。

ここではdTVユーザーのdTVに関する評判・口コミをまとめました。

良いことだけでなく、悪いこともしっかり記載しているので、参考にして下さいね。

dTVに関する悪い評判・口コミ

まずは、dTVに関する悪い評判・口コミを見ていきます。

dTV画質ひどい。

お金払っているのにこれはない。

映像と音声がずれるの、私だけ?
アカウント1つしか作れないのか。

家族と使う時はタイミング考えないとな…。

悪い評判では、dTVの画質に関する不満が多く見られました。

dTVに関する良い評判・口コミ

続いて、dTVに関する良い評判・口コミを見ていきます。

dTVとにかく安い!
dTVただでさえ安いのに、初月無料なんてすごいな。
月額が安いからそこまで期待していなかったけど、作品数も多くて大満足!
ドコモユーザーだから、dポイント貯まるの嬉しい。
音楽ライブ見られるサービスってdTVくらいだよね。

最高!

良い評判では、とにかく月額料金の安さ、安さに見合わない配信作品数の多さに驚きつつ、感動しているdTVユーザーが目立ちました。

dTVの公式サイトはこちら⇨

評判からわかったdTVのメリット5つ

評判からわかったdTVのメリットは、

  • 月額料金が安い
  • 初月が無料で楽しめる
  • dポイントが使える
  • 作品数が豊富
  • 音楽ライブも視聴できる

の5つです。

それぞれのメリットを説明していきます。

dTVのメリット1.月額料金が安い

dTVの月額料金は550円(税込)と、動画配信サービスの中でも破格です。

dTVと、他の動画配信サービスの月額料金を比較した表がこちらです。

動画配信サービス 月額料金
dTV 550円(税込)
Amazonプライムビデオ 月額500円(税込)

年払い4,900円(税込)

FODプレミアム 976円(税込)
Hulu 1,026円(税込)
TSUTAYA TV 1,026円(税込)
U-NEXT 2,189円(税込)

月額料金の安さは、Amazonプライムビデオに次いで第2位という結果でした。

ランチ代よりも安い金額なんて、驚きですよね。

dTVのメリット2.初月が無料で楽しめる

月額料金の安さが魅力的なdTVですが、初月はなんと無料でサービスを楽しめます。

いわゆる、初回の無料トライアルですね。

無料トライアルについては後ほど詳しく解説していきます。

dTVのメリット3.dポイントが使える

ドコモユーザーにとって、最大のメリットと言っても良いでしょう。

dTVは、dポイントを貯めたり、使用したりできます。

まずdポイントの貯め方についてですが、ドコモ回線を使っていない場合、100円(税抜)につき1ポイント貯まります。

ドコモ回線を使っている場合、1,000円(税抜)につき10~100ポイント貯まります。

10~100ポイントと、ポイントに開きがあるのは条件によって異なるからです。

条件についてはd POINT CLUBを参考にして下さい

続いて貯まったdポイントの使い方ですが、ポイントを利用してレンタル作品の視聴が可能なだけでなく、dポイント加盟店でも使用できます。

動画配信サービスでポイントが飲食店などにも利用できるなんて、すごいですよね。

dポイントを使えるお店はたくさんあります。

dTVのメリット4.作品数が豊富

dTVはただ安いだけではありません。

配信作品のラインナップも豊富に揃っています。

dTVと他の動画配信サービスの作品数、月額を比較した表がこちらです。

動画配信名 配信作品数 月額料金
dTV 約12万本 550円(税込)
U-NEXT 約21万本 2,189円(税込)
Hulu 約7万本 1,026円(税込)
FODプレミアム 約5万本 976円(税込)
TSUTAYA TV 約1万本 1,026円(税込)
Amazonプライムビデオ 約1万本 月額500円(税込)

年払い4,900円(税込)

配信作品本数はU-NEXTに次いで2番目ですが、料金面を考えると決して劣っているとは思えませんよね。

dTVのメリット5.音楽ライブも視聴できる

dTVはNTTドコモと、音楽業界最大手のエイベックスが合同で運営しています。

そのため他の動画配信サービスよりも、音楽関連の作品に力を入れています。

他では見られない人気アーティストのプレミアライブや、ミュージックビデオを視聴できますよ。

dTVの公式サイトはこちら⇨

評判からわかったdTVのデメリット3つ

評判からわかったdTVのデメリットは、

  • 画質が悪い時ある
  • 作成できるアカウントは1つ
  • 複数の端末で同時視聴できない

の3つでした。

それぞれのデメリットを説明していきます。

dTVのデメリット1.画質が悪い時ある

評判・口コミからあったように、dTVは通信環境によって画像トラブルが起こることがあります。

画質が粗くなっただけでなく、音声が途切れてしまったというトラブルの声も聞かれます。

月額料金を払っている以上、改善してほしいデメリットですね。

dTVのデメリット2.作成できるアカウントは1つ

複数アカウントを作成できる動画配信サービスが多いですが、dTVでは作成できるアカウントは1つのみです。

つまり、視聴履歴のデータが残ることになります。

プライバシーを守りたい人にとっては、つらいかもしれません。

dTVのデメリット3.複数の端末で同時視聴できない

dTVでは1つの端末でしか視聴できません。

例えば自分がドラマを見ていると同時に、子供がアニメを見る、といったことが不可能です。

他の動画配信サービスは複数端末での視聴ができることが多いので、残念なポイントとも言えます。

家族内でdTVを利用するタイミングを考えなければならないので、少々面倒ですよね。

dTVをおすすめできる人の特徴は、安くてたくさん動画を見たい方

dTVの魅力はなんといっても、550円(税込)と破格ながらも、配信作品が12万本もあることです。

とにかくコスパが良いサービスを利用したい方は、dTVで間違いないでしょう。

また、dポイントもお得に使えるので、docomoユーザーの方にもおすすめです。

dTVの公式サイトはこちら⇨

dTVをおすすめできない人の特徴は、複数人での利用を考えている方

dTVはアカウントを1つしか作成できず、しかも複数端末での同時視聴はできません。

1人で利用する分には問題ないですが、複数人での利用を考えている場合はおすすめできません。

複数のアカウントが作成できる動画配信サービスを利用した方が良いでしょう。

dTVでしか視聴できないおすすめ作品3選

2021年現在、dTVでしか視聴できない独占配信中の作品の中から、筆者がおすすめ作品を厳選しました。

dTVで人気のあるおすすめ作品3選は、

  • BTS on dTV
  • 先生、、、好きになってもいいですか?
  • 予告犯

です。

それぞれの作品を説明していきます。

dTVでしか視聴できないおすすめ作品1.BTS on dTV

世界中で大人気のアーティストBTSと、dTVがコラボした作品です。

2017年からのライブ映像や映画、ドキュメンタリーまで全19タイトルが見放題で楽しめます。

メンバーの素顔や、海外公演まで視聴できるなんて、ファンにとって夢のような作品ですよね。

BTSのファンなら押さえておきたい作品です。

dTVでしか視聴できないおすすめ作品2.先生、、、好きになってもいいですか?

広瀬すずさん演じる女子高校生と、生田斗真さん演じる世界史教師との禁断の純愛を描いた作品です。

漫画原作の作品ですが、漫画のイメージにぴったり合っています。

主演の2人だけでなく、森川葵さん、中村倫也さん、比嘉愛未さんなど豪華俳優陣がわきを固めます。

dTVでしか視聴できないおすすめ作品3.予告犯

引き続き生田斗真さん主演の、漫画原作のクライムサスペンスです。

2015年に公開され反響を呼び、2016年からは東山紀之さん主演でオリジナルストーリーのテレビドラマが放映されました。

舞台はSNSによるネット社会です。

現代社会の闇が細かく描かれており、思わず共感してしまう人も多いのではないでしょうか。

戸田恵梨香さん、鈴木亮平さん、濱田岳さんなど演技に定評のある人たちも出演しており、見ごたえたっぷりです。

dTVの公式サイトはこちら⇨

dTVのコース別料金プランや無料トライアル期間について解説

dTVのメリットやデメリットがわかったところで、本格的に加入を検討し始めた際に気になるのは、やはり料金ですよね。

ここではdTVの料金プランと、無料トライアルについて説明していきます。

dTVの料金プラン

基本的にdTVの月額料金は550円(税込)の1つです。

ただし、App Store、Google Playから購入した方は、650円(税込)と割高になるので注意しましょう。

レンタル作品も含めて約12万本の作品を視聴できます。

また、

「dTVだけでは少し物足りないな」

という方には、他のサービスとのセットプランがあります。

dTVとの他のセットプランは、

  • dTV +dTVチャンネル
  • DAZN for docomo(ダゾーン フォー ドコモ ) +dTV
  • DAZN for docomo +dTV +dTVチャンネル

の3つです。

それぞれのセットプランを見ていきましょう。

dTV +dTVチャンネル

dTV +dTVチャンネルの月額料金は1,078円(税込)です。

サービス名が似ていることから同じサービスだと思う人がいますが、dTVとdTVチャンネルは全く違うサービスです。

dTVチャンネルについてまとめました。

月額 858円(税込)
配信数 約30チャンネル
配信ジャンル アニメ、エンターテイメント、韓流ニュース、趣味、ドキュメンタリー、スポーツ等

dTVとdTVチャンネルの大きな違いは配信の仕方になります。

dTVがいつでも視聴できるオンデマンド方式なのに対して、dTVチャンネルは決められた時間に視聴するリアルタイム方式です。

dTVに加えて、専門的な番組を見たい人におすすめです。

dTVチャンネルの月額は858円(税込)ですが、dTV +dTVチャンネルの月額料金は1,078円(税込)となるので、別々に申し込むより330円お得になります。

DAZN for docomo+dTV

DAZN for docomo+dTVの月額料金は2,255円(税込)です。

DAZNについてまとめました。

月額 1,925円(税込)
配信数 約10,000本
配信ジャンル スポーツ

DAZNはスポーツに特化したサービスです。

試合はもちろん、選手インタビューなど試合以外のことも配信しており、様々な角度でスポーツを楽しめます。

スポーツ鑑賞が好きな方に、特におすすめです。

dTVと別々で申し込むより、220円お得になりますよ。

DAZN for docomo +dTV +dTVチャンネル

DAZN for docomo +dTV +dTVチャンネルの月額料金は2,783円です。

dTVに上記2つのプランがセットになった、内容盛りだくさんのプランになります。

個々で契約するよりも550円お得になります。

契約するプラン数が増えれば増えるほど、お得になっていますね。

dTVの無料トライアル期間

dTVの無料トライアル期間は31日間です。

他の動画配信サービスと期間を比較した表がこちらです。

動画配信サービス名 無料期間
dTV 31日間
Hulu 14日間
FODプレミアム 14日間

(Amazon Pay、クレジットカード決済のみ)

Amazonプライムビデオ 30日間
TSUTAYA TV 30日間
U-NEXT 31日間

他の動画配信サービスと比べても、長く体験できることが分かります。

使い心地を確かめてみて下さいね。

ただし、App StoreやGoogle Playからの購入を検討している方は、無料トライアルはできないので、他の決済方法にしましょう。

dTVの公式サイトはこちら⇨

dTVについてよくある疑問5つを解決!

動画配信サービスを使っていると、必ず疑問に思うことが出てきます。

ここではdTVについてよくある疑問、

  • 支払い方法は?
  • 対応デバイスは?
  • どんな作品が視聴できる?
  • 月の途中で登録した場合、料金はどうなる?
  • 途中で解約した場合、料金はどうなる?
  • docomoユーザー以外にも使える?

の5つと、解説策についてみていきます。

加入を考えている方は、少しでも不安を減らすために参考にして下さい。

支払い方法は?

dTVの支払い方法は、docomoユーザーか、 docomoユーザーではないかで違ってきます。

docomoユーザーの場合、ドコモ払い、クレジットカード払いになります。

クレジットカードは、VISA、MASTER、JCB、AMEXが使用できます。

docomoユーザーではない方の支払方法は、

  • クレジットカード(VISA、MASTER、JCB、AMEX)
  • APP Storeでの購入
  • Google playでの購入
  • コンビニのシリアルコードを購入(セブンイレブン、ローソン、ミニストップ)
  • giftee(ギフティ)での購入

があります。

また、レンタル作品を購入した場合には、docomoユーザーも違う方も、上記に加えてdポイントからの支払いが可能です。

対応デバイスは?

dTVの対応デバイスは、

  • スマートフォン
  • パソコン
  • テレビ(ソニー ブラビア、パナソニック ビエラ、パナソニック ディーガ、東芝 レグザ、船井電機 dTV対応テレビ、日立 Wooo、シャープ AQUOS、ハイセンス dTV対応テレビ)
  • Fire TV Stick、Fire TV Stick 4K
  • Chromecast
  • Apple TV
  • Nexus Player
  • AQUOSココロビジョンプレーヤー
  • ドコモテレビターミナル、ドコモテレビターミナル02
  • ひかりTVチューナー
  • 光BOX+
  • popIn Aladdin
  • epson EF-100シリーズ
  • Anker Nebula Capsule II

と、スマートフォンやパソコン以外にもかなり豊富です。

どんなジャンルの作品が視聴できる?

dTVで扱っている作品ジャンルは、

  • 洋画
  • 邦画
  • 海外ドラマ
  • 国内ドラマ
  • 韓流作品
  • アニメ
  • 音楽コンテンツ

です。

dTVの強みと言ってもいい音楽コンテンツの配信はもちろん、韓流作品も多く配信されています。

月の途中で登録した場合、料金はどうなる?

結論から言うと、月の途中で登録しても月額料金の550円(税込)が発生します。

なぜなら、dTVは毎月1日から末日までの1か月の料金が550円(税込)になるからです。

日割り計算の仕組みはありません。

そのため登録日が1日でも、15日でも、20日でも、同じ月額料金を支払うことになります。

同じ料金を支払うなら、長く楽しめた方が良いですよね。

なので、月初での登録がおすすめです。

また、無料トライアルの登録も解約をしないと、自動更新になり、課金対象になります。

無料トライアルの登録日が9月20日だった場合、10月20日まで無料、10月21日から30日までの月額料金550円(税込)がかかるという仕組みです。

なので、無料トライアルの登録も、継続を考えているのなら、月初がおすすめですよ。

途中で解約した場合、料金はどうなる?

登録と同様、途中で解約した場合も、月額料金を支払います。

理由は、日割り計算がないことと、登録と同じdTVは毎月1日から末日までの1か月の料金が550円(税込)になるからです。

より長くサービスを楽しむために、おすすめの解約日は、登録と逆の考え方をします。

9月2日に解約しても、15日に解約しても、30日に解約しても、9月1日~9月30日までの月額料金がかかります。

なので、おすすめの解約日は末日当日になります。

docomoユーザー以外にも使える?

dTVはdocomoユーザー以外でも利用できます。

ただし、dアカウントを発行する必要があります。

dTVを利用する際には、dアカウントの発行手続きを行いましょう。

dアカウント発行手順はこちらです。

  1. dTVのホームページにアクセスします。
  2. 「今すぐ初月無料お試し」を押します。
  3. 「dアカウントをお持ちのお客さまはログインした後、契約手続きを行ってください。」の隣の「ログイン」を押します。
  4. 「dアカウントを発行する」を押します。
  5. メールアドレスを登録し、「次へ」を押します。
  6. メールが送られてくるので、必要事項を入力し、「次へ進む」を押します。
  7. 登録内容、利用規約を確認し、チェックボックスにチェックを入れた後、「次へ」を押します。
  8. 発行完了です。

dTVの公式サイトはこちら⇨

dTVの登録から視聴開始までの手順

dTVに関する疑問が解消されたところで、dTVの登録方法を説明します。

登録の際には、dアカウントが必要になるので、あらかじめ設定しておきましょう。

dTVの登録は支払方法によって異なります。

dTVの登録方法は、

  • App Storeで購入した方
  • Google Playで購入した方
  • 上記2つ以外で決済した方

の3種類になります。

dTVの登録方法1.App Storeで購入した方

  1. dTVのアプリを開きます。
  2. 「dTV新規会員登録」を押します。
  3. 「月額650円(税込)で登録」を押します。
  4. dアカウントのIDを入力し、「次へ」を押します。
  5. パスワードを入力し、「ログイン」を押します。
  6. 「App Storeで購入」を選択します。
  7. iTunes Storeにサインインする時のApple IDのパスワードを入力し、「OK」を押します。
  8. サブスプリクション規約を確認し、「続ける」を選択します。
  9. サブスクリプションを確認し、「OK」を押します。
  10. 「完了しました」と表示されたら登録完了です。

dTVの登録方法2.Google Playで購入した方

基本的にApp Storeで購入した方と同じです。

  1. dTVのアプリを開きます。
  2. 「dTV新規会員登録」を押します。
  3. 「月額650円(税込)で登録」を押します。
  4. dアカウントのIDを入力し、「次へ」を押します。
  5. パスワードを入力し、「ログイン」を押します。
  6. 「Google Playストアで購入」を押します。
  7. 緑の枠の「購入」を選択します。
  8. Googleアカウントとパスワードを入力し、緑の枠の「確認」を押します。
  9. 内容を確認し、緑の枠の「OK」を押します。
  10. 「購入完了」と表示されたら、登録完了です。

dTVの登録方法3.上記2つ以外で決済した方

  1. dTVのホームページにアクセスします。
  2. 「今すぐ初月無料お試し」を押します。
  3. dアカウントでログインします。
  4. 契約内容を確認します。
  5. 登録完了です。

登録後はdTVにログインして、サービスを楽しめます。

dTVの公式サイトはこちら⇨

dTVの分かりやすい解約手順

無料トライアルのみの利用の場合、解約手続きを行う必要があります。

手続きをしないと、自動更新になり、月額料金が発生するので気を付けましょう。

dTVの解約方法は、

  • App Storeで購入した方
  • Google Playで購入した方
  • Android端末を使用している方
  • iOS端末を使用している方
  • パソコンを使用している方

の5種類になります。

dTVの解約手順1.App Storeで購入した方

  1. App Storeにアクセスし、右上のアイコンを押します。
  2. 「サブスクリプション」を選択します。
  3. dTVを選択後、「サブスクリプションをキャンセルする」を押します。
  4. 解約完了です。

解約する場合は、次回の更新日の前日までに行うようにしましょう。

また、App Storeで購入した場合、解約後も更新日まではdTVのサービスを利用できます。

dTVの解約手順2.Google Playで購入した方

  1. Google Playアプリを開き、右上のプロフィールアイコンを押します。
  2. 「お支払いと定期購入」を選択し、「定期購入」を押します。
  3. dTVを選択し、「定期購入を解約」を押します。
  4. 画面に従って解約手続きを進めていくと、解約完了です。

dTVの解約手順3.Android端末を使用している

上記の決済方法以外で、Android端末を使用している方の解約手順はこちらです。

  1. dTVアプリを開き、メニューから「その他」を選択します。
  2. 「アカウント」を選択後、「解約」を押します。
  3. dTV会員解約の画面を下へスクロールし、「解約手続きに進む」を押します。
  4. dアカウントでログインします。
  5. 「手続き内容」の欄にある「dTVを解約する」を選択します。
  6. 注意事項を確認し、「dTVの注意事項に同意する」を選択します。
  7. 内容を確認し「手続きを完了する」を押します。
  8. 解約完了です。

dTVの解約手順4.iOS端末を使用している方

Android版と異なり、アプリからの解約が出来ません。

Web上から解約手続きをします。

  1. dTVにアクセスし、メニューの「アカウント」から「解約」を選択します。
  2. 下までスクロールして、「利用規約に同意し、解約手続きに進む」を押します。
  3. dアカウントでログインします。
  4. 注意事項を確認し、「dTVの注意事項に同意する」を選択します。
  5. 受付確認メールの送信のページに移ります。
    メールアドレスを選択し「次へ」を押します。
  6. 内容を確認し、「次へ」を押します。
  7. 「手続きを完了する」を押すと解約完了です。

dTVの解約手順5.パソコンを使用している方

パソコンでの解約手順は、iOS版とほぼ同じです。

  1. dTVにアクセスし、メニューの「アカウント」から「解約」を選択します。
  2. 下までスクロールして、「利用規約に同意し、解約手続きに進む」を押します。
  3. dアカウントでログインします。
  4. 注意事項を確認し、「dTVの注意事項に同意する」を選択した後、受付確認メールアドレスを選択し「次へ」を押します。
  5. 内容を確認し、「次へ」を押します。
  6. 「手続きを完了する」を押すと解約完了です。

どの解約方法も、手順通りに行えば、簡単に解約できます。

dTVの公式サイトはこちら⇨

dTVの会社概要

dTVはエイベックスが運営し、NTTドコモがサービスを提供しています。

ここではdTVを運営している、エイベックス通信株式会社についてまとめました。

会社名 エイベックス通信放送株式会社
所在地 〒107-8577
東京都港区南青山3丁目1番30号エイベックスビル(総合受付2F)
代表者 若泉久央(わかいずみひさおう)
電話番号 03-5545-9403
お問い合わせ https://help.video.dmkt-sp.jp/hc/ja

エイベックス通信株式会社は、音楽業界最大手のエイベックスのグループ会社になります。

2013年にBee TVのサービスが開始され、2015年にdTVとしてサービスが生まれ変わりました。

NTTドコモと提携しながら、今後どんなサービスが展開されるのか、楽しみですね。

まとめ

この記事をまとめると、dTVは、

  • 月額料金が550円(税込)と安く、しかも初月は無料
  • 作品数が豊富で、音楽コンテンツに強い
  • アカウントが1つしか作成できず、同時視聴できない
  • 料金プランは月額550円(税込)の1つだが、他のサービスと組み合わせることが可能
  • 月初に登録、末日に解約がおすすめ

の5点です。

dTVの加入に迷っている方は是非検討してみてください。

dTVの公式サイトはこちら⇨